FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アベノミクスの不思議な事と対策

最近良くわからない事に、長期金利の低下があります。先日は十年国債の金利が0.6%にまでなっていました。これは緩和により日銀が近いうちに十年国債の入札に参加するかもしれないので(現在は三年以下の国債のみ)、そうならないうちに今のうちに買っとけというのが主な理由だそうです。ちなみに国債は入札で決まり、金利が低いということは人気が高く投資家にとっても不利な条件で落札したということです。ここまでのように問題を債券だけに切り離したら、なんとなく理由はわかります。
しかしアベノミクスの目玉は物価上昇率二%。これが実現するとなると固定金利1%以下の債券なんて、持てば持つほど損をします。物価上昇率二%ということは裏返すと毎年お金の価値が約二%下がるという事。なのに金利が一%だったり、はたまた0.6%なんかだと、じり貧になっていきます。金利で大切なのは名目金利よりも、金利からインフレ率を引いた実質金利なんですが、デフレが染み付いた我々の感覚では、名目金利=実質金利で考える癖がついてしまってます。
ここで取るべき対策とは、アベノミクスが実現して首尾良く(?)物価上昇率二%が何年にもわたり達成した場合と、今までどおりほとんど物の値段が変わらないデフレの時の場合のものです。
長期で金利が固定される保険や預金だけで資産を持つのはアベノミクスが失敗するに全財産賭けるのと同じ事なので、負けない投資を目指すスタイルである私の選択肢にはありません。
アベノミクスが成功した際、インフレに対応するにはどうしたら良いか。不動産は人口減少による需要の減少とといずれ財政健全化の為に固定資産税の税額は上がると思うので、あまり魅力を感じません。となると、もう株かゴールドかになってきますね。どうも、確信を持ちきれないので、いろいろ分散しておりますし、金利の上昇にもある程度対応出来る変動国債に投資してますが、国内債券や預金への投資をどうするものか頭を悩ませます。ゴールドの積立てを現在は月一万円ですがもうちょい増やすか、日本の金鉱株である住友鉱山は端株積立をしていくか、海外のリートか株をインデックス投信で積立するか、うーん、どうしよう。

悩ましき、アベノミクスです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐっぴょん

Author:ぐっぴょん
いろいろ思うところをつらつら綴っていこうかと考えてますが、基本方針は放置です(笑)

このブログはリンクフリーです。もしリンクしていただければ、嬉しいです。なんせ、さびしがり屋なんで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
遊びに来ていただいた方々
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。