FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立会外分売の分け方

いやはや。、お疲れ様です。ここにきて株価が好調になってきましたね。私もこないだ投資したポケットカードが含み益になり、嬉しい限りです。優待目当ての長期保有なんで株価は関係ないと言えば関係ないんですが、それでも嬉しいもんですなあ。

さて、少し前に立会外分売で申し込んだJプロジェクトですが、分売前の価格位で指値していたら、あっさり約定していました。その後上がったら精神衛生に良くないんで株価見ないようにしていたのですが、同じような事をしていた他のプロガーさんが私よりはるかに上の値段で売ってウハウハなプログを見てしまい、ショックっ。高優待銘柄なんで、権利日近くまで待つべきだったですね。それも考えたんだけどなー。

さて、立会外分売ですが、私の携帯に証券会社から案件があるとメール入るよう設定しています。結構やってますね。月に数件はあるようです。ただ、今迄の銘柄を見てて傾向が何となくある気がします。それは、良い分売と悪い分売。いやあ、単純な分類ですなあ。
そもそも立会外分売というのは、株主数を増やしたりする為、大株主が自分の持株を割引価格で売るシステム。だいたいこういう銘柄は流動性低いので、一度にどばっと売ると値崩れ起こすんで、終値を参考価格としそこから数パーセント割り引かれます。増資と違って株数は同じなので、理論的には市場での取引価格には影響ありません。あくまでも机上の空論ですが。
この、大株主の株を売る動機に良い分売と悪い分売があるんじゃないかというのが今の私の仮説ですわ。
上場基準には株主数があり、東証一部などメジャーな市場であればあるほどその基準は厳しくなるので、それを満たそうとする分売は良い分売だと思います。一般的にメジャー市場での上場の方が株価に好影響あるんで。ちょうどブレイク寸前のアイドルのファンクラブみたいに(いまいちよくわからん)

それとは違い、大株主が単に売って現金化したい為だけちゃうのとツッコミたくなる分売があります。こちらは、悪い分売。その後の株価上昇があまり期待出来ないので、あえてそう言わせて貰います。
だけど、こっちの方がおもしろいですね。高く売るために優待エサにしたり、流動性低いのを利用して分売時の株価を吊り上げて来たりと、あの手このてです。優待目当ての人狙いに権利日より少し前に何度も分売する名物銘柄もある位です。「売ったもん勝ち」の思想ですね。東南アジアの露店の香りがしだします。嫌いじゃないですがね。勿論安くないもんなんで、ここは慎重に行きたいところです。

そんなこんな事考えながら、これからも株式市場をウォッチしていきたいと思いまっす♪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぐっぴょん

Author:ぐっぴょん
いろいろ思うところをつらつら綴っていこうかと考えてますが、基本方針は放置です(笑)

このブログはリンクフリーです。もしリンクしていただければ、嬉しいです。なんせ、さびしがり屋なんで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
遊びに来ていただいた方々
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。