FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単で効果的な節電方法の提案です。古館さん。

 投資や節約とは関係の無い話です。

 いやはや、大飯原発三号機がようやく稼働しましたね。私、関西電力管内に暮らしているのですが、これで少しホッとしております。20%節電は不可能ですし、計画停電となると仕事する上においても、なかなか大変ですんで。原発は確かに怖いんですが、それを止めて起こる不都合の方が大きいと考えるんで、、、。

 さて、報道ステーションをよく見ますが、原発稼働に否定的な見解ですね。よく古館さんが難しい顔をして、自分の所には火の粉かからない立場から善人ヅラしてええかっこしいな事を述べています。別に再稼働に否定的なスタンスでも構わないんですが、それならそれで出来る事があるんではないでしょうか。

 というのは、今家庭の電気使用の割合でで一番占めているのは勿論クーラーですが、テレビも5%程占めています(関西電力のCMより)。つまり、簡単な話、テレビをつけなければ家庭で5%の節電は達成出来ちゃいます。クーラー我慢して熱中症になったり冷蔵庫我慢して食中毒になったりする人はいるでしょうが(あんまり聞いた事無いが)、テレビを我慢して身体壊す人は見た事ないです。それに、テレビの節電は簡単に出来ちゃいます。どうするのかというと、、、

 テレビ局が、電気使用量ピークの際に、放送を止めればよいのです。

 テレビ放送しているのに節電で見るなと言っても見る人は見ます。なら、もう放送自体休止しちゃえば良い。この方法の最大のメリットは、簡単でコスト安と言う点。だって、テレビ局が電波を止めたらいいだけですもんね。政府や地方自治体が放送休止を決めて、それを電話でもメールでもいいからテレビ局に伝え、テレビ局が簡単な操作で放送を止める。時間も数分で済みますし、人も各局数名いたら可能です。あら、なんという事でしょう。こんな簡単な節電方法があったなんて。それに昼間のテレビなんてそんな大した番組やってないし、別に流そうが流さまいが構わないでしょう。劇的ビフォアーアフターで検証してもらいたいもんです。

 もし報道ステーションを始めとするテレビ番組で、原発稼働派で「原発が必要です」というスタンスで番組作りするのなら、今みたいに昼間放映してもいいと思うんですわ。「良い、悪い」では無く、「俺たちは電気を使う、だから電気は必要だ」という理論で、筋が通ってますし、矛盾がありません。

 しかし今のテレビのスタンスって、おかしく無いか?原発に否定的ならば、なぜ簡単に出来る停波をしない?昼間のピーク時だけでもいいから、節電に協力すべきではないか?世の中みればテレビ局以外だいたい身を削ったり不便を我慢しているでしょう。鉄道会社は間引き運転しているし、電力会社は事故を起こした東電以外も給与削減などしてます。震災の復興や消費税増税の為に国会議員や公務員に身を削るようこれまた報道ステーションでは言ってますが、なら何故テレビ局は身を削らない?。口だけで言うのは誰も簡単ですが、それを行動に移すのに皆葛藤していろいろしんどい思いをしているのに、テレビ局は自分は安全な所に身を置いてお気楽な立場でいるのは、あまりにも都合良すぎないか?

 ええかっこしているキャスターの皆さん、特に古館さん、今からでも遅く無いですよ。番組の中で少し時間を取って言えばいいんですよ。

 「原発の再稼働にはやはり疑問ですし、稼働しても電力不足であるのにはかわらないので、テレビ局も節電に協力するため、この夏、ピーク時間帯の昼の放送をお休みさせていただきます。」

 普段番組内で世間に求めている事考えると、これ位、朝飯前のはずですよ。簡単、簡単。
スポンサーサイト

テーマ : 日々出来事
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たかじんの●●委員会の中でも、甲子園を朝と夜にすればいい!というようなコメントがあったと思います
マスコミの方々は自分たちは他社とは違う生き物だと勘違いしている人が多いように思えます

それから、このごろ、時事ニュースに自分たちの感想を加える形での包装が多いように思えます
あまり露骨だと世論誘導しているのかなと勘ぐったりしちゃいます

Win さん

甲子園に関しては私もそう思います。家が関西なんで夏の甲子園によく子ども連れていきますが、あの真夏の真っ昼間は観戦するのに命の危険を感じますわ。テレビだったり日程だったりいろんな事情あるんでしょうが。

テレビのコメントがなんか伝わって来ないのは、やはり自分の身を危険におかしてないからだと思います。FX で西原理恵子が一千万ほど自腹でかけた漫画がありますが、やはり壮絶でしたね。最後はスッて漫画的にはいいオチついてましたが。原稿料よりはるかに多い持ち出しで実際にやってみる人だからこそ、毎日かあさんみたいな名作が書けるんでしょうねえ。
プロフィール

ぐっぴょん

Author:ぐっぴょん
いろいろ思うところをつらつら綴っていこうかと考えてますが、基本方針は放置です(笑)

このブログはリンクフリーです。もしリンクしていただければ、嬉しいです。なんせ、さびしがり屋なんで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
遊びに来ていただいた方々
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。