スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定申告準備完了

タイトル通り、確定申告の準備完了しました。
私が確定申告するのは、株の損益通算の為です。簡単に説明すると、過去三年分の
株の損を繰り越せるものです。それを昨年税率10%の内に益出しした分の利益と
相殺して、税金を還付してもらいました。
 しかしまあ、私名義と妻名義併せて100万円程の利益が出てましたわ。恐るべし
アベノミクス。けど株はすぐに買い戻し、インデックス投信はETFにすぐ買い換えた
だけなんで、なんか実感ありません。それどころか、税金取られた分なんか損した
気になります。
それに私、株の口座は分離課税の源泉徴収無しで作っております。これは、以前やり
始めた時にミクシィのコミュニティでそちらの方が有利だという記載を見て、なんの
気なしに源泉徴収を無しで申し込みました。おそらく、サラリーマンで20万円以下
の株式売却利益だと申告せずに済むという所からだと思います。あ、配当は源泉徴収
されてます。
が、滅茶苦茶面倒くさいんですよ、これ。というのは、配当と損益通算出来るんですが、
その際、全ての配当を打ち込まないんといけないんですわ。具体的に言うと、優待クロス
をする人は、信用分は逆日歩やら売買手数料やらでマイナスになる事が多いかと思います。
その分、配当を貰う際に引かれた税金を取り戻そうとすると、その配当を銘柄毎にひとつひとつ
配当額と所得税額と住民税額をチマチマ打ち込むのが、もう絶望的な気分になってきますわ。
昨年は、ほんともう気が遠くなりそうになりました。
という訳で、口座を源泉徴収有に変えようと思うのですが、これは年の最初の取引前に手続きを
しないといけません。忘れちゃうんですよねえ、、、。

という私の経験から、口座は源泉徴収有をお勧めします。やれやれっ。
スポンサーサイト

2月優待クロス悩み

さて、25日はいよいよ2月の権利日ですね。3月、9月について3番目位の多さでしょうか。12月とどっこいどっこいですな。
今月頭を悩ましているのは、コーナンです。昨年はえいやっといって大正解でしたが、今年は年末のアルペンでやらかしただけにすこし躊躇しています。確か最高逆日歩は4800円。1000円の商品券です。もし最高額ついて、しかも1000株すると38000円の損か、、、。2名義だと76000円、、、。うーん、やはりパスですね。他はイズミヤが今年は制度取引が出来なくなっているんで、残念です。近所にありますし、スーパーの商品券は家計を助ける強い味方だっただけに、、、。
それとイオン北海道も今回はパス。他はまあ一般的なところですかね。カスミやドトールといった。あとプレナスは松井でクロス済どえす♪

1月投資あれこれ

 いやはや、あけましておめでとうございます。待ちわびていた皆さま、おまたせしました。相変わらず休止プログですが、今年もほそぼそっと続けていきたいと思います。

 さて、今年の投資方針なんですが、まず第一には体力増強をあげたいと思います。投資ちゃうやん、なんでやねんという突っ込みが全国津々浦々から聞こえて来そうですが(心配すんな、そんなに訪問者おれへん、おれへん)、40超えて来て思うのは、少し年上の先輩方や同年代から身体の不調を聞く事がほんま多いんですわ。で、投資によって得る利益よりも心身の健康によって節約出来る医療費や働いて得られる賃金の方が、多いし確実やなあって。私のような零細投資家にとっては、運用益なんてまだまだですんで。むしろ投資によって得られる利益はギャンブルでの勝ち金くらいの気で肩の力抜いて行きたいと思います。

 肝心の資産運用の話ですが、まあ、いままで通りです。もう一度確認すると、
 1、収入のうちの子ども手当分で海外投資をする。インデックス投信やETF中心で。
 2、日本株などは、配当収入、残業代など、本給以外の収入を充てる。
 3、本給で生活費以外に残った分は、国内債券などに充てる。
 
 マイナーな変更としては、日本はしばらくマイナス金利(国債、預金等の名目金利ー物価上昇率がマイナス)が続きそうなんで、それなら金利ゼロのゴールドの方がマシであるから、ゴールドの月額積立を1万円から2万円に増額する位です

 日本株は従来の優待投資に加えて、これから優待を導入しそうな旧大証銘柄などの地味株投資もしてみようかと考えております。

 個別株話なんですが、12月に優待用に294円で購入しておいたクロスキャットがなぜか連続ストップ高で705円にまで跳ね上がっていたので、材料が不明だし、まあこんなもんかと思い売却しました。するとそこから暴落がはじまり、540円台に、、、。私売った時が最後のストップ高だったので、胸をなで下ろしております。こええよお、、。基本優待株はバイアンドホールドのスタンスなんですが、新興株で根拠無い材料で跳ね上がった株はほどほどで売っております。昨年4月に東亜DKKが886円まで値をあげて、半年で6万円プラスでしたが、この時も私が売った時が最後のストップ高でその後大暴落で5月には3万円台というジェットコースター的な値動きがありました。どちらも奇跡的にストップ高で売り抜けれましたが、たまたまですわ。
 まあ、週明けは大暴落が待っているようですが、以前から目をつけていた優待株と優待導入しそうな地味株を虎視眈々と狙っております。はてさて、どうなることやら、、、。

来年にむけて

いやあ、ご無沙汰しております。
なかなかプログを書く時間がねん出出来ず、一旦放置をし始めるとどんどん億劫になるという悪循環に陥ってました。プログを書くものとすると「書かねば」という想いが却って筆を重くしてしまう気がしましたんで、いっそのこと「基本放置」の方針でプログに向き合いたいと思います。目指せ、こち亀の日暮(笑)。

という訳で、最近何をしているかというと、持ち株をひたすら売って、信用買して翌日現引するという作業をしております。勿論その目的は節税です。もうご存知だと思いますが確認すると、今年中だと株売却益への課税は10%ですが、来年度は20%になります。例を挙げてみます。

 10万円で買った株が20万円になっていた場合(私の場合T&K TOKA)。
 仮に今後も株価が変わらず、今売却すると税金が10万円×10%=1万円。
 来年売却すると、10万円×20%=2万円。 という訳で1万円の節税。

 仮に今20万円のこの株が来年15万円に値下がりしたとします。そしてその時点で売却したとします。

 今年一旦売却してすぐ買い戻した場合、取得単価が20万円、売却額が15万円となるので、1万円税金がかかり、5万円の譲渡損失。
 今年売却せずに来年売却した場合、15万円ー10万円=5万円×20%(来年の税金)=1万円税金がかかります。譲渡損失は0です。

 譲渡損失は配当や売却益と相殺できるので、NISA口座以外で得たこれらの節税となります。
 NISA以外で果たしてこれらが出るかどうかは先の話なんでわかんないんですが、期待値を考えると一旦売却し買い戻しておいた方が得をする確率が高い、と思いました。

 ただ、売って数日後買い戻したりすると、株価に変動が出てそれが最近やや面倒臭いので、現物売りと信用買いを同時に成り行きで発注しておき、翌日現引するという取引を機械的にしております。損しようが得しようがあまり気になりません。ただ、一旦納税しなきゃならないんで、少し損した気になりますけどね。10万円譲渡益出ていたら、1万円納税しますんで、それを同額で買い戻すとなると1万円追加で払わないと行けなくなるんで、それが損した気分になっちゃいます、、、。

 まあ、感情を理屈でおさえ、機械的にやるのみっす。

 
 

3分で売り切れのソフトバンク債

 本日SBI証券にて売りだし開始のソフトバンク債、5年満期で年1.74%はなかなかと思いオリャっと申し込みました。債券主優待として(?)お父さんフェイスタオルも貰えますし。

 勿論最低単位の100万円。たまたま休みで10時前からパソコンの前に座り申し込み開始してすぐにクリックしなんとか約定しました。しばらく画面眺めていると、約3分で募集終了してましたわ。おそるべしソフトバンク債、、、。

 どうも大手証券会社の支店経由だともっと簡単に手に入るようですが、おそらく私の資産位ならゴミ客扱いだろうし、変な投資信託売りつけられるのも嫌だし、少々の手間暇と高い競争率でもネット証券の方がありがたいです。5年間ソフトバンクが潰れない事を祈りながら、のんびり保有しようと思います^^。
プロフィール

Author:ぐっぴょん
いろいろ思うところをつらつら綴っていこうかと考えてますが、基本方針は放置です(笑)

このブログはリンクフリーです。もしリンクしていただければ、嬉しいです。なんせ、さびしがり屋なんで。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
遊びに来ていただいた方々
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。